ボタンの乙訓寺

乙訓寺のボタンです。
「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」って諺がありますが、
どれも清楚な花々です。
ボタンは落葉低木で、シャクヤクは多年草だそうです。
似たような花を咲かせますが、一方は木で片方は草。

乙訓寺、ボタン

 

乙訓寺、ボタン

 


コメント
コメントする








   

mail

最新の投稿

サイト内検索

RSS